キバナハナネコノメ(黄花花猫の目)

Chrysosplenium album var. flavum


キバナハナネコノメ

  • 科名・属名
  • : ユキノシタ科 ネコノメソウ属

  • 特徴

  •  草丈5〜10cmの多年草。
     根元から出る葉は花時は枯れ、茎につく葉は扇形〜腎円形で1〜2対対生する。
     花弁はなく、萼片は黄色で直立し4個、裂片は短く先は丸い。

  • 分布・生育地

  •  本州(静岡県、愛知県)
     山地の沢沿いの樹林下の湿地

  • 花期
  • : 4〜5月

  • 撮影月日・場所

  •  1996年5月11日 静岡県静岡市

  • 撮影記

  •  ハナネコノメの変種で、花時、萼片が黄色になるのが特徴である。
     東海地方だけに分布し、比較的深い山の沢沿いにあると知り、ある年静岡まで撮影の出かけた。
     たどり着いた沢には、所々、地面を黄色に染めてこの花が群生していて感動した。

    同じ科の仲間の花