キイハナネコノメ(紀伊花猫の目)

Chrysosplenium album var. nachiense


キイハナネコノメ

  • 科名・属名

  •  ユキノシタ科 ネコノメソウ属

  • 特徴

  •  草丈5〜10cmの多年草。
     葉は扇状円形〜円腎形で、長さ2〜10mm、幅3〜16mm。縁には半円形の鋸歯がある。
     花は茎の上部に集散花序を作る。花弁はなく萼裂片は2〜3mmで立ち、先は円頭。雄しべは萼裂片よりやや短く、裂開前の葯は紫色。
     ハナネコノメに似ているが、裂開前の葯が暗紅色でなく紫色であることなどが相違点。

  • 分布・生育地

  •  本州(紀伊半島) 林下の沢沿いの湿地

  • 花期
  • : 3〜4月

  • 撮影月日・場所

  •  2006年3月26日 和歌山県新宮市
     アップ  同 上

  • 撮影記

  •  紀伊半島に生育しているこの花を撮影に出かけたのは、3月としてはやや寒い日、夜行バスから降りるとひんやりした。
     沢に沿った山道を歩きながら、流れ込む沢や涸沢では丹念に調べる。
     ハナネコノメのような群落をイメージしていたのだが、見つかったのはほんの数株。
     誰もこない静かな沢沿いで、葯の色の違いなどがわかるようにと、1時間近く撮影した。

    同じ科の仲間の花
花アップ