クモマユキノシタ(雲間雪の下)

Saxifraga lanciniata


クモマユキノシタ

  • 科名・属名
  • : ユキノシタ科 ユキノシタ属

  • 特徴

  •  草丈4〜10cmの多年草。
     根元には多数の葉がつきロゼット状になる。葉は披針形、基部はくさび形で、上部には鋭い鋸歯がある。
     花は集散状で、花弁は白色、下部に2個の黄色い点がある。

  • 分布・生育地

  •  北海道(大雪、夕張山系、幌尻岳)
     高山帯の湿った砂礫地

  • 花期
  • : 7〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  1980年7月28日 北海道大雪山

  • 撮影記

  •  大雪山の少し湿ったような砂礫地は、気象条件の厳しさもあって大きな植物は育たない。 小さな高山植物だけが所々に生えているだけだ。
     この花やチシマクモマグサなど、葉を小さく厚くして寒さに耐え、花時には花茎を一杯伸ばして咲き誇っている。