チシマクモマグサ(千島雲間草)

Sxifraga merkii


チシマクモマグサ

  • 科名・属名
  • : ユキノシタ科 ユキノシタ属

  • 特徴

  •  草丈3〜6cmの多年草。
     根茎はよく分枝して有花茎と無花茎を立ち上げる。
     葉は肉質で、倒卵形から長楕円形。先は全縁で縁に腺毛が生える。
     花は花茎の先に1〜4個つける。花弁は白色、広卵形で、先は円い。

  • 分布・生育地

  •  北海道(大雪、夕張、知床山系)
     高山の岩礫地

  • 花期
  • : 7〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  1981年7月22日 北海道大雪山
    全草アップ 1992年8月23日 同上

  • 撮影記

  •  大雪山の雪解け跡の砂礫地にこの花だけが点々と咲いている所によく出会う。
     早く雪の溶けたところは7月に咲く。8月末でも、下の写真のように雪解けが遅いところでは新鮮な個体がある。
     本州中部の高山帯に生えるクモマグサとよく似ていて、葉の先が分かれないのが違いである。
○