ミカワショウマ(三河升麻)

Astilbe odontophylla var. okuyamae


ミカワショウマ

  • 科名・属名
  • : ユキノシタ科 チダケサシ属

  • 特徴

  •  草丈40〜100cmの多年草。
     根出葉は2〜3回3出複葉で、頂小葉は卵形、長さ5〜12cm、幅4〜8cm。先端は鋭く尖るが、トリアシショウマほど尾状にはならない。縁の重鋸歯は浅く、欠刻状にならない。
     花序は円錐状になり、下の側枝はよく分枝し、花弁は白色でさじ状線形。

  • 分布・生育地

  •  本州(愛知、岐阜県)  山地の林下、林縁

  • 花期
  • : 7〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  2008年7月19日 愛知県新城市
     中・花、下・葉  同 上

  • 撮影記

  •  以前この地を訪れた際、時期外れで花はなかったものの、それらしき葉を見かけた。花仲間にも確認し、真夏の一日訪れてみた。
     駅を降りたとたん熱風を感じる。朝から雲ひとつない青空、今日一日の暑さを思うとうんざりする。
     沢沿いの登山道に入ると目的のこの花が出てきた。しかしまだ蕾の花がほとんどだ。やっと咲き始めの株を見つけ撮影するが、木漏れ日が邪魔なうえ、谷風は弱いながらも止むことがない。足場も悪く、吹き出る汗を拭うこともままならない。やっとの思いで撮影し終えた。
     同じ道を戻る途中、道端に立派な群落のあるのを見つけた。こんなもんだなと苦笑いするしかなかった。
     トリアシショウマに似るが、小葉の先が尾状にならないという特徴があり、名前の通り愛知県を中心とした中部地方の一部に希産する。

    同じ科の仲間の花
花アップ

葉