ミカワチャルメルソウ(三河哨吶草)

Mitella furusei var.furusei


ミカワチャルメルソウ

  • 科名・属名

  •  ユキノシタ科 チャルメルソウ属

  • 特徴

  •  草丈30〜50cmの多年草。
     チャルメルソウの変種で、根元から出る葉は柄があり、広卵形または卵形で、両面に長毛と短い腺毛がある。
     花は紅紫色で、花弁が羽状に7〜11裂するのが特徴である。

  • 分布・生育地

  •  本州(愛知、長野、岐阜、静岡県境付近)
     山地の湿った林下

  • 花期
  • : 4〜5月

  • 撮影月日・場所

  •  2004年4月4日 愛知県西加茂郡
     アップ 2004年4月24日 静岡県磐田郡

  • 撮影記

  •  中部地方の一角にチャルメルソウの変種のこの花があり、この地域では割合によく見られる花と聞いていたものの、この花の咲くGW前後は出かけるところが多く、撮影の機会がなかった。
     平成16年、やっとその機会に恵まれ2度も対面したものの、風が強かったり雨模様で、あまり見られた写真にならなかった。
     特に、チャルメルソウの仲間は、草丈の割に花が小さく、全草を撮影しても何が写っているのかわからない。アップの花の面白さは魅力的で、アップで見ると花弁が多数に分かれているのがよくわかる。

    同じ科の仲間の花
花アップ