オオチダケサシ(大乳茸刺)

Asutilbe rubra


オオチダケサシ1

  • 科名・属名
  • : ユキノシタ科 チダケサシ属

  • 特徴

  •  草丈15〜50cmの多年草。
     葉は3回3出複葉で、小葉は楕円形〜長卵形。縁には不揃いの重鋸歯がある。表面は緑色、裏面の脈上に褐色の毛がある。
     花は花茎の上半部に螺旋状につき、密に花をつける。花弁は線形、淡紅色で長さ約5mm。
     花軸の中部から上部に長さ1〜2mmの褐色の縮毛を密生する。

  • 分布・生育地

  •  九州(対馬)  河岸の岩上や沢沿い

  • 花期
  • : 7〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  2006年7月30日 長崎県対馬
     中、下  同 上

  • 撮影記

  •  岩上に小さなピンクの花が見えた。時期的に少し早いかなと思っていたが、気の早い株が歓迎してくれたようだ。
     大陸系の植物で、日本では対馬だけに知られている珍しい花だ。
     和名からもっと大きい花と想像していたのだが、15cm足らずの株に花をつけていた。
     図鑑では大きいものは高さ50cmとあり、花の盛期にはもう少し大きくなるとのことである。
     35度を超える猛暑にもかかわらず、沢沿いの林下は涼しく、心ゆくまで撮影した。

    同じ科の仲間の花
オオチダケサシ2

花アップ