シロバナネコノメソウ(白花猫の目草)

Chrysosplenium album


シロバナネコノメソウ

  • 科名・属名
  • : ユキノシタ科 ネコノメソウ属

  • 特徴

  •  草丈5〜10cmの多年草。
     全体に白い軟毛が多く、根元から出る葉は花時にはなく、葉は扇形〜円腎形で、茎に1〜2対対生する。
     花弁はなく、萼片は4個、白色で直立し、先端は鋭形。雄蕊は8個で萼片と同じかやや長い。葯は暗紅色。

  • 分布・生育地

  •  本州(近畿以西)、四国、九州
     沢沿いの樹林下の湿地

  • 花期
  • : 3〜4月

  • 撮影月日・場所

  •  2003年3月29日 福岡県古処山
     下  同 上

  • 撮影記

  •  近畿から以西に分布し、それより東に分布するハナネコノメソウと棲み分けている。
     ハナネコノメソウに比べると少し大きくて毛が多く、萼片の先も丸くない。
     春早く咲くため、なかなか撮影の機会がなく、満足のいく写真が写せたのは最近のことだ。
     3〜4月頃、西日本の沢沿いの樹林下では割合に多く見られる。
     中には、下の写真のように暗紅色である葯が白色のものもある。

    同じ科の仲間の花


紅白の花