ウチワダイモンジソウ(団扇大文字草)

saxifraga fortunei var. obtusocuneata


ウチワダイモンジソウ

  • 科名・属名
  • : ユキノシタ科 ユキノシタ属

  • 特徴

  •  草丈5〜30cmの多年草。
     ダイモンジソウの変種で、葉の基部がくさび形まれに心形になり、3〜7に浅裂〜中裂するのが特徴である。

  • 分布・生育地

  •  本州〜九州 山地の湿った岩上

  • 花期
  • : 7〜10月

  • 撮影月日・場所

  •  2003年10月25日 宮崎県児湯郡

  • 撮影記

  •  ダイモンジソウは葉の切れ込みや基部の形で分けられている。
     関東ではダイモンジソウぐらいしか見る機会がなく、九州まで出かけた。
     沢沿いの滑りやすい岩上に群生して咲いていた。葉の基部のくさび形がよくわかる。