ヤクシマウメバチソウ(屋久島梅鉢草)

Parnassia palustris var. yakusimensis


ヤクシマウメバチソウ1

  • 科名・属名
  • : ユキノシタ科 ウメバチソウ属

  • 特徴

  •  草丈5〜10cmの多年草。
     ウメバチソウの矮小型で、品種(f.minima)の考え方もある。
     葉は卵形〜広卵形で長さ、幅とも1cm程度。茎葉は柄がなくやや茎を抱く。
     花は1〜数本の花茎の先につき、花弁は5個、白色で径約1cm程度。

  • 分布・生育地

  •  九州(屋久島) 高地の湿った岩上

  • 花期
  • : 9〜10月

  • 撮影月日・場所

  •  192008年10月6日 鹿児島県屋久島
     中  同 上
     下・花 2006年9月3日  同 上

  • 撮影記

  •  9月初めにこの花を見たときは、やっと1花が咲き始めたばかりだったが、初めて見る矮小化したウメバチソウに感動した。
     10月にリンドウ類を見るために登った時、多分この花もちょうどいいだろうと思っていたが、もう少し遅めだった。
     それでも、以前よりももっと小さい株に花を咲かせている姿には、一層感動した。
     全体がいかに小さいかは、写真でも感じていただけるだろう。

    同じ科の仲間の花
ヤクシマウメバチソウ2

花アップ