エヒメアヤメ(愛媛菖蒲)

Iris rossii


エヒメアヤメ1

  • 科名・属名
  • : アヤメ科 アヤメ属

  • 特徴

  •  花茎5〜15cmの多年草。
     葉は長さ20cm程度、幅0.2〜1cmと細く、花後長さは30cm程度まで伸びる。
     花は茎頂に1個つき、青紫色で径約4cm程度。外花被片は狭倒卵形で、中央から基部にかけて黄色、内花被片はへら形で外花披片より小さい。
     別名 タレユエソウ

  • 分布・生育地

  •  本州(中国地方)、九州  山地

  • 花期
  • : 4〜5月

  • 撮影月日・場所

  •  2004年5月1日 大分県大分郡
     中 1988年4月24日 広島県三原市
     下 2004年5月1日 大分県大分郡

  • 撮影記

  •  この花との初めての出会いは、広島県西部の駅からかなり離れた明るい松林の下、柵で囲われた保護地の中だった。
     管理の方の了解をもらって中に入り撮影したが、降り出した雨粒が邪魔なうえ、何となくすっきりしない気分だった。
     十数年後、大分県のある高原へ撮り直しに出かけた。斜面を黄色に染めるキスミレは残花となっていたものの、野焼き後の草原の所々に青紫色の花が目立った。
     数人のワラビ採り以外は誰もいない草原、柵もないし誰の目を気にすることない。あちこち歩き回り、ズボンの裾は真っ黒にしながら思う存分撮影した。

    同じ科の仲間の花
エヒメアヤメ2

花アップ