ヌマガヤ(沼茅)

Moliniopsis japonica


ヌマガヤ

  • 科名・属名 : イネ科 ヌマガヤ属

  • 特徴 :
     草丈30〜100cmの多年草。
     根茎は太くて短く、茎を少数叢生する。
     葉は線形、長さ20〜50cm、幅2〜10mm。表面は粉白色を帯び、葉鞘は基部まで裂け、下部に節がある。
     花序は円錐状で長さ10〜40cm、枝は節から1〜3個出て斜上し、疎らに小穂をつける。小穂は長さ8〜12mm、2〜5個の小花からなる。
     包類は2個、護頴は平滑で長さ4〜5.5mm、基盤に長さ約1mmの束毛がある。

  • 分布・生育地 :
     北海道〜九州 (国外:朝鮮)
     山地の湿地(時に高山帯の湿った斜面)

  • 花期 :  8〜10月

  • 撮影月日・場所 :
     上・全体 2016年8月27日  愛知県豊橋市
     (上は拡大写真あり、写真をクリック)
     中・小穂 2017年9月25日  愛知県岡崎市
     下・葉 2016年8月27日  愛知県豊橋市

  • 撮影記 :
     愛知県豊橋市の葦毛湿原、東海の尾瀬として有名で、多くの湿原植物が見られる。
     1年中色々な花が見られるが、時に晩夏〜秋にかけて見られるシラタマホシクサの群生が有名で、いつ行っても多くの見学者に出会う。
     そんな湿原でひっそり咲いているのがこの花だ。
     1m近い高さがあるが、枝を広げた花序に疎らに地味な小穂がついている姿は、よほどの愛好家でなければカメラを向けることもない。
     中の小穂の写真で、紫褐色に見えるのは包類、中に小花、葯と刷毛状の柱頭が見える。

  • 同じ科の仲間の花
小穂

葉