コゴメガヤツリ(小米蚊帳吊)

Cyperus iria


コゴメガヤツリ

  • 科名・属名 :
     カヤツリグサ科 カヤツリグサ属

  • 特徴 :
     草丈30〜50cmの1年草。
     茎は叢生し、基部に数個の葉をつける。葉は線形で幅2〜6mm。
     花序は長さ15cm程度、花序枝は3〜5個つき、長さは不揃い。苞は葉状で2〜3個つく。
     小穂はほとんど開出せず斜開して密につき、線形で黄色〜黄褐色、長さ5〜10mm、幅1.5mm。
     鱗片は広倒卵形で長さ1〜1.5mm、中肋は緑色で少し突出しするが内曲して円みがある。
     果実は鱗片よりわずかに短く倒卵形で長さ約1.2mm。

  • 分布・生育地 :
     本州〜沖縄 (国外:朝鮮、台湾、中国〜アフリカ、オーストラリア)
     畑、道端、荒地、湿地

  • 果期 :  7〜10月

  • 撮影月日・場所 :
     2014年9月8日  東京都板橋区
     (上は拡大写真あり、写真をクリック)
     下・小穂    同  上

  • 撮影記 :
     カメラが故障し、早く修理しようとメーカーのサービスセンターに直接持ち込んだ。
     修理が出来上がるまで2時間程度とかかるということで、近くの公園の時間をつぶすことにした。
     公園には大きな池があり、何かないか一周すると、湿地にアメリカミズキンバイやカヤツリグサ科、イネ科などの植物がいくつか花をつけていた。
     修理が終わった後早速撮影、その中にこの植物があった。
     カヤツリグサによく似ているが、小穂がやや黄色っぽいこと、鱗片の先が円みを帯びることなどで見分けられる。

  • 同じ科の仲間の花
小穂