コナギ(小菜葱)

Monochoria varginalis


コナギ

  • 科名・属名
  • : ミズアオイ科 ミズアオイ属

  • 特徴

  •  草丈5〜15cmの1年草。
     葉は披針形、卵状披針形、卵心形と変化が多く、長さ3〜7cm。
     花序は葉よりも低く、花数も少ない。花は直径1〜2cm、花弁は紫色。
     ミズアオイに似ているが、全体に小型で花数も少ない。

  • 分布・生育地

  •  本州〜沖縄 水田や沼

  • 花期
  • : 8〜10月

  • 撮影月日・場所

  •  1993年9月25日 茨城県行方郡
     アップ  同 上

  • 撮影記

  •  水田をのぞくと必ずといっていいほど見かけるポピュラーな花である。
     ところが、写真を撮ろうとすると半開きのものが多く、綺麗に咲いた花にはなかなか巡り会わない。
     ミズアオイとともに、昔は茎や葉を食用にしたことから、ミズアオイ=ナギ(菜葱)より小さい、コナギ(小菜葱)の和名が付けられている。

    同じ科の仲間の花
花アップ