ミズアオイ(水葵)

Monochoria korsakowii


ミズアオイ

  • 科名・属名
  • : ミズアオイ科 ミズアオイ属

  • 特徴

  •  草丈20〜40cmの1年草。
     葉は数枚つき、根出葉は10〜20cmの長い柄がある。葉は心形で長さ5〜10cm、厚くて光沢がある。
     花序は葉より高く伸び、茎頂に多数の花が総状花序につく。
     花は直径1.5〜3cm、花弁は青紫色で6個、雄しべも6個で、うち1個は長く花糸にかぎ状の突起がある。

  • 分布・生育地

  •  北海道〜九州 沼や水田

  • 花期
  • : 9〜10月

  • 撮影月日・場所

  •  2004年8月29日 新潟県福島潟
     上は拡大写真あり(写真をクリック)
     アップ 1995年8月27日 新潟県瓢湖

  • 撮影記

  •  葉がカンアオイに似ているというのでこの和名が付けられている。
     沼や湿地の区画整理などで見ることの少なくなった水草の一つである。
     関東地方でも何ヶ所かで見たものの、絵になる花に出会えず、新潟県での撮影となった。
     澄んだ青紫色が何ともいえず美しい花である。

    同じ科の仲間の花
花アップ