アマミトンボ(奄美蜻蛉)

Platanthera mandarinorum subsp. hatijyoensisis var. amamiana


アマミトンボ

  • 科名・属名
  • : ラン科 ツレサギソウ属

  • 特徴

  •  草丈15〜30cmの多年草。
     ハチジョウチドリの変種で、より葉先が丸く、花期も早い。
     花は黄緑色で上向きに咲き、苞は花柄子房と同じ長さ等の違いがある。

  • 分布・生育地

  •  鹿児島県(奄美大島) 山地の林道法面

  • 花期
  • : 3〜5月

  • 撮影月日・場所

  •  1995年4月23日 鹿児島県奄美大島
     アップ 1989年5月4日 同上

  • 撮影記

  •  1989年、初めて奄美大島に出かけた時、この花を教えてもらった。
     当時は図鑑にも出ておらず、ハチジョウチドリにそっくりであり、また新しく分けられたのかといささかうんざりした。
     最近の図鑑にはこの花が記載されており、春先咲くと書いてある。
     現地では、林道脇の斜面に咲いており、場所によっては群生していた。

    同じ科の仲間の花
花アップ