アオジクキヌラン(青軸絹蘭)

Zeuxine affinis


アオジクキヌラン

  • 科名・属名
  • : ラン科 キヌラン属

  • 特徴

  •  草丈15〜35cmの多年草。
     茎は匍匐し、先は直立する。ヤンバルキヌランに似るが、赤みを帯びることはなく、少し縮れた長い白毛が多い。
     葉は4〜8個互生し、広披針形〜卵状披針形で、長さ2〜5cm。花時には枯れていることも多い。
     花は茎頂に総状花序に6〜10個ややまばらにつき、白色で唇弁はY字形に開き、長さ約5mm。

  • 分布・生育地

  •  沖縄  山地林下、草地

  • 花期
  • : 4〜5月

  • 撮影月日・場所

  •  2009年5月2日 沖縄県
     下・花   同 上

  • 撮影記

  •  冬場やんばるの森を訪れた時、何度かこの株に出会った。株自体はヤンバルキヌランによく似ていて、花がないとわかりにくいし、花も似ているとのこと。
     是非とも花を見たいと計画を立てたが、今年は花期が早く、3〜4月に咲き始めていたという株は、完全に終わっているか、最上部の花が1花残っているだけだった。
     ところが、ひょっとしたらと最後に訪れた場所で、見事な株が花をつけていた。花と花との間隔が広く、ヤンバルキヌランとは花のつき方が違うことがよくわかった。

    同じ科の仲間の花
花