バイケイラン(梅尢磨j

Corymborkis veratrifolia


バイケイラン

  • 科名・属名
  • : ラン科 バイケイラン属

  • 特徴

  •  草丈0.5〜2mの多年草。
     葉は互生し縦じわがあり、長さ20〜35cm、幅5〜10cm。
     花序は葉腋から出て短く、花は大きく白色で萼片と側花弁は線形。初めは筒状で先端だけが開くが、後に根元から開き、先端は反り返る。

  • 分布・生育地

  •  沖縄県(八重山諸島)
     常緑広葉樹林下

  • 花期
  • : 8〜10月

  • 撮影月日・場所

  •  2004年10月2日 沖縄県西表島
     アップ  同 上

  • 撮影記

  •  前日、時間がなくて石垣島の生育地に行けず、西表島での撮影に期待していた。
     しばらく林道を歩き現地にたどり着いた。しかし、花をつけていない株と蕾ばかり。奥のほうでやっと1つ咲いている株を見つけた。
     夏場に雨が少なかったせいか例年以上に花つきが悪く、花序も1本しか上がっていなかった。
     葉がユリ科のバイケイソウに似ているのでこの名がついている。石垣・西表島の暗い樹林下で割合に良く見かけるものの、花つきが悪く、また花期もはっきりしない。

    同じ科の仲間の花
花アップ