エゾサカネラン(蝦夷逆根蘭)

Neottia nidus-avis


エゾサカネラン

  • 科名・属名
  • : ラン科 サカネラン属

  • 特徴

  •  草丈30〜60cmの腐生ラン。
     サカネランに似ているが、茎や花柄子房に毛が生えていないことが違いで、全体が淡黄褐色に見える。

  • 分布・生育地

  •  北海道〜本州中部 落葉樹林下

  • 花期
  • : 5〜6月

  • 撮影月日・場所

  •  1997年6月14日 北海道江別市
     アップ  同 上

  • 撮影記

  •  図鑑によっては北海道産の無毛のサカネランを別種としていない。
     しかし、この写真のアップを見ると(写真が小さく判りにくいが) 全く無毛であるので、変種のエゾサカネランとした。(同定間違いかもしれないが)
     札幌市近郊のある公園の林下で撮影した。サカネランに比べて草丈もはるかに大きい。

    同じ科の仲間の花

花アップ