サカネラン(逆根蘭)

Neottia nidus-avis var. manshurica


サカネラン

  • 科名・属名
  • : ラン科 サカネラン属

  • 特徴

  •  草丈20〜40cmの腐生ラン。
     全体に淡黄褐色で茎や花柄子房に短い縮れ毛が密生する。
     花は、茎と同色で多数、総状に密生する。

  • 分布・生育地

  •  北海道〜本州中部、九州 落葉樹林下

  • 花期
  • : 5〜6月

  • 撮影月日・場所

  •  1985年6月1日 山梨県南都留郡
     アップ 1986年6月1日 同上

  • 撮影記

  •  唇弁が上になって咲くのでこの和名が付けられている。
     山梨県の林へスズムシソウを探しに行った際、落葉樹林下に咲いていた。
     その後も何度か訪れたが、前年と全く同じ場所には咲かないようだ。
     北海道には、この花と同じで、草丈がもっと大きく茎や花柄子房に毛のないものがあり、エゾサカネランという変種として扱われている。

    同じ科の仲間の花

花アップ