エゾチドリ(蝦夷千鳥)

Platanthera metabifolia


エゾチドリ

  • 科名・属名
  • : ラン科 ツレサギソウ属

  • 特徴

  •  草丈20〜50cmの多年草。
     根元に大型の葉が2枚対生状につく。
     花はやや緑を帯びた白色で、多数つく。側萼片は横に開き、唇弁は下に垂れ下がる。

  • 分布・生育地

  •  北海道 海岸から山の草地

  • 花期
  • : 6〜7月

  • 撮影月日・場所

  •  1991年7月21日 北海道根室市
     アップ  同 上

  • 撮影記

  •  北海道東部〜北部にかけては比較的多く、海岸の草原、疎林下から山地の草原までよく見かける。
     ツレサギソウに似ているが、距が短く分布域も異なっている。
     北海道の海岸付近によくある草原は、風が強いため背丈の低い植物が多く、その中で小さい割に白い花はよく目立つ。

    同じ科の仲間の花
花アップ