ハクサンチドリ(白山千鳥)

Dactylorhiza aristata


ハクサンチドリ

  • 科名・属名
  • : ラン科 ハクサンチドリ属

  • 特徴

  •  草丈10〜40cmの多年草。
     葉は長さ5〜15cm、やや細く3〜6枚つく。
     花はやや密に多数つけ、色は紅紫色〜白色まで変化が多い。
     花の色のものを、
     シロバナハクサンチドリ(f. albiflora)といい、
     葉に紫色の斑点があるものを、
     ●ウズラバハクサンチドリ(f. punctata)という。
     (別ページで取り上げた)

  • 分布・生育地

  •  北海道〜本州中部 高山帯の草地

  • 花期
  • : 6〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  1983年6月10日 北海道礼文島
     白花 1986年6月13日 同上

  • 撮影記

  •  本州では高山植物のこのランも北海道では波しぶきのかかりそうな海岸端にも咲いている。
     花の浮島のキャッチフレーズがある礼文島は、その名の通り花が多く何度か撮影に行った。
     この島では「タクサンチドリ」と言ってもいいくらい島内どこにでも多く、誰も掘り取る人はいないようだった。

    同じ科の仲間の花
白花