ウズラバハクサンチドリ(鶉葉白山千鳥)

Dactylorhiza aristata f. punctata


ウズラバハクサンチドリ

  • 科名・属名
  • : ラン科 ハクサンチドリ属

  • 特徴

  •  ハクサンチドリの品種で葉に紅紫色の斑点がでるもの。

  • 分布・生育地

  •  本州(東北地方)、北海道 高山草原

  • 花期
  • : 7〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  1981年7月26日 北海道大雪山

  • 撮影記

  •  基本的に変種以上の種を取り上げ、シロバナなどの品種はその花の項で取り上げている。
     この花はハクサンチドリの品種で本来ならハクサンチドリのところで取り上げるべきである。
     ただ、葉に斑点の出る品種は珍しいので、あえて別に取り上げた。
     ハクサンチドリ混じって咲き、東北地方、北海道の一部の山にしか知られていない。

    同じ科の仲間の花