ハシナガヤマサギソウ(嘴長山鷺草)

Platanthera mandarinorum subsp. mandarinorum var. mandarinorum


ハシナガヤマサギソウ

  • 科名・属名
  • : ラン科 ツレサギソウ属

  • 特徴

  •  草丈20〜50cmの多年草。
     葉は披針形で基部は茎を抱かない。
     花は淡黄緑色で、唇弁の距が長さ2〜3cmと長く、これが和名の由来となっている。
     ヤマサギソウの変種でよく似ている。

  • 分布・生育地

  •  本州〜九州 日当たりのよい草地

  • 花期
  • : 5〜6月

  • 撮影月日・場所

  •  2003年5月10日 山口県秋吉台
     アップ  同 上

  • 撮影記

  •  明るい草地にあると図鑑にはあり、カルスト台地には多いと山口県のU氏から聞き、GW明けに訪れた。
     初夏の天気のいい日の秋吉台は、風もさわやかで非常に気持ちがいい。そのうえ花が一杯とあっては応えられない。
     この花は台地のところどころで長い距を伸ばして咲いていた。ただ、野焼きのため、葉先が焼けている株が多いのは残念だった。しかし、そのせいで生き延びているのだが。

    同じ科の仲間の花
花アップ