ヤマサギソウ(山鷺草)

Platanthera mandarinorum subsp. mandarinorum var. oreades


ヤマサギソウ

  • 科名・属名
  • : ラン科 ツレサギソウ属

  • 特徴

  •  草丈20〜40cmの多年草。
     花は淡黄緑色でハシナガヤマサギソウと変種の関係にある。
     下部の葉の一枚が幅広いのが特徴。

  • 分布・生育地

  •  北海道〜九州 日当たりのよい草地

  • 花期
  • : 5〜7月

  • 撮影月日・場所

  •  1998年7月4日群馬県利根郡
     アップ  同 上

  • 撮影記

  •  ハシナガヤマサギソウとよく似ていて、一番下の葉が幅広いのが違いとされている。
     この写真は群馬県の湿原で撮影した。一番下の葉が広いので本種としたが、マイサギソウにもよく似ているし、図鑑の本種と花が少し違う。もしかしたらマイサギソウかもしれない。
     この3種は変種とされているが、自生地で見ると個体差もあり、図鑑で見るほど典型的な花ばかりではなく混生している。本当に分けるべきかどうなのか。

    同じ科の仲間の花
花アップ