イソマカキラン(磯間柿蘭)

Epipactis thunbergii f. subconformis


イソマカキラン

  • 科名・属名
  • : ラン科 カキラン属

  • 特徴

  •  草丈30〜70cmの多年草。
     カキランの品種で、唇弁が側弁花(ロベリア化)したもので、花以外は母種と同じ。
     本来なら、カキランの説明の中で取り上げればいい花であるが、花色の違いによる品種ではなく、花弁の形が違う品種なので別にした。

  • 分布・生育地

  •  九州(南九州〜島嶼)
     日当たりのいい湿地、草地

  • 花期
  • : 5〜6月

  • 撮影月日・場所

  •  2006年6月11日 鹿児島県奄美大島
     アップ  同 上

  • 撮影記

  •  草刈がおこなわれたせいか、前年に比べはるかに草丈の低い草原。生育しているはずの場所もすっかり刈り払われていた。必死に探しはじめると、草むらの中で花をつけている一株を見つけた。
     写真でもわかるように、唇弁が先祖がえりして側弁化(ロベリア化)したカキランの品種で、南九州に分布しているようだ。
     十数年前、初めてこの花を見たとき「カキラン」と教えられたが、いじけた株だったことから撮影しなかった。後で本種と知り大いに後悔した。
     やっとリベンジの機会を与えられたが、1株だけとは。ただ、周囲には小さな株がいくつか見られ、生長して沢山咲き揃った頃また会いにこようと思った。

    同じ科の仲間の花
花アップ