ジガバチソウ(似我蜂草)

Liparis krameri var. krameri


ジガバチソウ

  • 科名・属名
  • : ラン科 クモキリソウ属

  • 特徴

  •  草丈10〜25cmの多年草。
     葉は根元に2個つき、広卵形で長さ3〜8cm、幅2〜4cm。縁はやや波打ち、横脈が顕著なので網目模様がはっきりしている。
     花は花茎の先に総状に10〜20個つき、茶褐色で、萼片は線形、長さ10〜12mm、側花弁は半曲し糸状で、長さ8〜10mm、唇弁は長さ6〜8mm、先は急に曲って下に垂れ、舷部は狭倒長楕円形で、縁がわずかに外曲する。
     花が緑色のものもあり(下の写真)、
     アオジガバチソウ(f. viridis)と呼ばれる。

  • 分布・生育地

  •  北海道〜九州  山地林下

  • 花期
  • : 5〜7月

  • 撮影月日・場所

  •  2010年7月4日 徳島県三好市
     中・花   同 上
     下アオジガ 1979年6月24日 山梨県櫛形山

  • 撮影記

  •  分布は広いうえ個体数も少なくない比較的普通種のランにもかかわらず、仲間のクモキリソウには何度も出会ったにもかかわらず、この花はまともな個体の撮影ができていなかった。
     春先、葉はよく見かけるものの、葉だけではクモキリソウと区別ができない。さらに、花の咲くのは梅雨時の低山地とあって、この花を目的に出かけるという気にもなれなかった。
     四国の花見である湿原に出かけた。湿地の植物を楽しんだ後、林縁でこの花に出会った。花期的には遅くほとんどが終わりかけていたが、運よく咲き残りの状態のいい花に出会えた。
     パッとしない花のイメージが強かったが、じっくり対面して見るとなかなかに趣があり、色は地味ながらもランの風格は備えていた。

    同じ科の仲間の花
花

アオジガバチソウ