コバノトンボソウ(小葉之蜻蛉草)

Platanthera nipponica


コバノトンボソウ

  • 科名・属名
  • : ラン科 ツレサギソウ属

  • 特徴

  •  草丈20〜40cmの多年草。
     葉は細く茎の下方につき、茎に沿うように立ち上がる。
     花は黄緑色で小さいが、距が長く少し上に跳ね上がっている。ホソバノキソチドリに似るが距のつき方が違う。

  • 分布・生育地

  •  北海道〜九州 日当たりのよい湿原

  • 花期
  • : 6〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  1986年8月3日 群馬県尾瀬ヶ原
     下・花 2008年8月3日  同 上

  • 撮影記

  •  夏の尾瀬ヶ原は高層湿原といえ、天気のいい日は暑い。
     そんな中、木道を歩きながら花を探していくと、必ずこの花が見つかる。
     同じくらいの草丈で花もよく似たホソバノキソチドリも沢山あり、最初は戸惑う。
     距の向きで判断する。上を向いていたら本種、下だったらホソバノキソチドリである。

    同じ科の仲間の花
花アップ