モイワラン(藻岩蘭)

Cremastra aphylla


モイワラン

  • 科名・属名
  • : ラン科 モイワラン属

  • 特徴

  •  草丈30〜50cmの多年草。
     一見サイハイランによく似た花であるが変種とされたこともあったが、基本的には葉がなく、花色も赤紫色が濃いことなどから新種とされた。
     そのほかの違いは、花の開花角度が狭い、ずい柱先端部に近い腹側に翼がない、1花茎あたりの花数が少ないこととされている。

  • 分布・生育地

  •  北海道、本州、四国  山地の針葉樹林下

  • 花期
  • : 5〜6月

  • 撮影月日・場所

  •  2009年5月30日  徳島県
     中 2009年6月6日  埼玉県
     下 2009年5月30日  徳島県

  • 撮影記

  •  葉のないサイハイランのようなこの花、北海道の藻岩山で見つけられたことから名付けられているように、これまで北海道や東北地方にのみ知られていた。
     ところが近年、四国や、中部、関東地方でもこの花によく似た花が見つけられ、最近発刊された「高知県植物誌」ではトクシマサイハイラン(仮称)とされている。
     専門家の意見では、徳島産も含め関東以西の花は基部に葉芽があり、北のものとは違うというが、ここでは同じものとして整理した。そのうち変種の扱いとなるかもしれない。

     かねてから聞いていた四国産のこの花を見るため、徳島県に出かけた。地元の方の案内で山奥深く分け入る。足元が崩れそうな急な斜面で十数本立ちの群落に出会った。想像していた感じよりもはるかに立派で、濃赤紫色の花はサイハイランとはまるで違う花で、興奮して撮影した。
     いいことは続くもので、翌週、花仲間からの連絡があり、関東地方で小さな葉のつくタイプにも出会うことができた。
     中の写真のように、小さな葉が1枚ある以外、花は徳島で見たものと変りはなかった。葉は一番下の写真のように、サイハイランの葉に比べるとはるかに小さい。
     北のタイプと南のタイプの中間とも思われる花、どういう位置づけになるのだろう。

    同じ科の仲間の花
葉付モイワラン

花アップ

葉