ムニンボウラン(無人棒蘭)

Luisia boninensis


ムニンボウラン1

  • 科名・属名
  • : ラン科 ボウラン属

  • 特徴

  •  草丈10〜20cmの多年草。着生。
     茎は褐色で樹幹や岩上に着生し、節は竹のように盛り上がる。
     葉は互生し、円柱形で青緑色、長さ約7cm、径約3mm。
     花は葉腋から短い花茎を伸ばして数個つき、径約4mm。花弁と萼片は黄緑色でやや半開する。唇弁は中裂片はほとんど分裂せず、紅紫色の斑紋がある。

  • 分布・生育地

  •  小笠原諸島  樹幹や岩上に着生

  • 花期
  • : 6〜7月

  • 撮影月日・場所

  •  2011年6月30日 東京都小笠原
     中、下・花   同 上

  • 撮影記

  •  ふと樹冠に目を遣ると、棒状の植物が目に入り、何やら花らしきものがあるように見える。
     老眼の目では近づいて確認するしかない。胸を躍らせながら目を凝らすと、確かに小さな緑色の花が咲いている。
     花どころか株さえ目にするのは難しいと聞いていただけに、ヤッタと思わずガッツポーズが出た。
     樹上に着生しているため、バックが空に抜けるため苦労して撮影した。
     近くには点々と花をつけた株も着生していて、ここだけで1時間近く費やした。

    同じ科の仲間の花
ムニンボウラン2

花