ムニンシュスラン(無人繻子蘭)

Goodyera boninensis


ムニンシュスラン

  • 科名・属名 : ラン科 シュスラン属

  • 特徴 :
     草丈10〜25cmの多年草。
     茎は基部が地を這って先は斜上し、全体に粗い毛がある。
     葉は互生し、長楕円状披針形で、長さ4〜10cm、幅2〜4cm。先は鋭形で、基部は茎を抱く。
     花は茎頂に総状花序となって多数つき、萼片は僅かに褐色を帯びた淡緑色、側花弁、唇弁は白色であるが、距は黄色で側萼片より出る。

  • 分布・生育地 :
     小笠原諸島  常緑樹林下

  • 花期 :  11〜1月

  • 撮影月日・場所 :
     2011年6月28日  東京都小笠原
     下・花    同  上

  • 撮影記 :
     小笠原は固有種比率は高いものの、種類そのものは多くなく。当然ラン類も少なく、簡単に目にすることができない。
     その中にあってこの花だけは結構数が多く、特に母島では遊歩道脇でも多くの株が見られる。
     全体にハチジョウシュスランに似ているが、葉ははるかに大きい。
     花期は冬であるが、狂い咲きの株も少なからずあり、この花も夏に咲いていた。ただ、狂い咲きのせいか、本来の草姿に比較すると花序が詰まっている異常型だ。

  • 同じ科の仲間の花
花