オガサワラシコウラン(小笠原指甲蘭)

Cirrhopetalum boninense


オガサワラシコウラン1

  • 科名・属名
  • : ラン科 マメヅタラン属

  • 特徴

  •  草丈15〜20cmの多年草。着生。
     根茎は長く伸び、節に偽鱗茎を離れて(3〜4cm)つける。
     葉は長楕円形で、長さ約18cm、幅約3cm。革質で、光沢がある。
     花は基部から下垂する長さ約20cmの花茎の先に3〜5個つき、縦長で長さ約2.5cm。花弁は淡黄色で暗赤紫色の斑点や毛がある。側萼片はシコウランほど長く伸びず、先端で癒合する。

  • 分布・生育地

  •  小笠原諸島  岩上や樹幹に着生

  • 花期
  • : 6〜7月

  • 撮影月日・場所

  •  2011年6月30日 東京都小笠原
     上は拡大写真あり(写真をクリック)
     中、下左・花、下右・偽鱗茎   同 上

  • 撮影記

  •  カラッとしてはいるものも日差しが刺すように痛い小笠原、海で遊びくつろぐ島で、山に入る物好きは外にはいなかった。
     汗だくになりながら登っていくと、樹幹にこの花がびっしりと着生していた。花もいくつか咲いている。
     この花が今回の主目的の一つだっただけにホッと一安心。
     シコウランに似ているというが、花の形、色など違いはすぐにわかるし、より立派な花だった。
     撮影し終え冷えたドリンクを一気に飲むと、嬉しさがこみ上げてきた。

    株・偽鱗茎

    同じ科の仲間の花
オガサワラシコウラン2

花