サツマチドリ(薩摩千鳥)

Ponerorchis graminifolia var. nigro-punctata


サツマチドリ1

  • 科名・属名
  • : ラン科 ウチョウラン属

  • 特徴

  •  草丈5〜20cmの多年草。
     茎は球状の塊根から出て斜上する。
     葉は線形〜広線形で数個つき、長さ7〜12cm、幅3〜8mm。先は尖り、基部は鞘となって茎を抱く。
     花は茎頂に密に15〜30個つき、淡紅紫色〜淡紅色でクロカミランに似るが径約6〜8mmとやや小さく、側萼片は水平に開出し、唇弁に赤紫色の斑点が入るものが多い。距は子房より短い。

  • 分布・生育地

  •  九州(鹿児島県)  岩場や礫地の草むら

  • 花期
  • : 6〜7月

  • 撮影月日・場所

  •  2013年6月16日 鹿児島県
     中   同 上
     下・花 2013年6月17日   同 上

  • 撮影記

  •  高さ150〜200mもの垂直に切り立った絶壁、眼下に青い海が見える。高所恐怖症ではないが、足がすくむ。
     急斜面を樹につかまり、岩峰の下部を巻きながらたどり着いた絶壁の上部、わずかな草付きにピンク色のランが咲いていた。
     身体をロープで確保し、木につかまり足元を確認しながらそっと近づく。とても三脚など立てる余裕はない。
     こんなときのため、フィルムカメラの補助として手に入れたデジカメで片手撮りする。
     鹿児島県の島嶼の一部だけに自生し、まず撮影することは困難だろうと思っていたこのラン、やっと撮影し終えて安全な場所に戻ると、緊張が解けてどっと疲れを感じた。

    同じ科の仲間の花
サツマチドリ2

花