タカネフタバラン(高嶺双葉蘭)

Listera pinetotum


タカネフタバラン

  • 科名・属名
  • : ラン科 フタバラン属

  • 特徴

  •  草丈15〜20cmの多年草。
     茎は繊細で直立する。
     葉は茎の中ほどよりやや上部に2個が対生状につき、腎心形で長さ1.5〜3cm、幅2〜3cm。
     花は茎の上部に総状花序となって5〜10個つき、花弁は透きとおったような淡緑褐色で、唇弁は長さ6〜8mmで先が2裂し、側花弁は線形。

  • 分布・生育地

  •  本州中部  亜高山の針葉樹林下

  • 花期
  • : 7〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  1984年9月9日 山梨県北岳1
     アップ 1986年8月19日 静岡県富士山
     下 2007年9月1日 山梨県八ケ岳

  • 撮影記

  •  フタバラン属では、ミヤマフタバランとともに奥深い山に分布している。
     これまで、南アルプスや富士山の樹林下で見ている。
     図鑑の記述より、割合に花付がよくにぎやかな感じもあるものの、透き通ったような薄緑の唇弁は、深山の趣(?)を感じさせてくれる。

    同じ科の仲間の花


タカネフタバラン2