チケイラン(竹尢磨j

Liparis bootanensis


チケイラン淡緑色花

  • 科名・属名 : ラン科 クモキリソウ属

  • 特徴 : 草丈10〜20cmの着生ラン。
     バルブ(偽鱗茎)は長円錐形で、数個が1列に並び、毎年1個ずつ増える。
     葉は数個つき、狭長楕円形で長さ10〜15cm、幅1.5〜3cm。先は鋭尖頭で、基部は短い関節がある。
     花は10〜20cm伸ばした花茎の先に3〜15花一方に偏ってつき、淡黄緑色〜淡茶褐色で、萼片と側花弁は線形〜線状長楕円形で、長さ6〜7mm、唇弁はくさび状倒卵形、長さ約5mm、先は円状切形で少し反曲する。

  • 分布・生育地 :
     四国、九州(南部)〜沖縄
     常緑樹の樹幹や岩上

  • 花期 :  10〜1月

  • 撮影月日・場所 :
     1994年12月25日  鹿児島県奄美大島
     中 2007年12月9日  沖縄県国頭郡
     下左・花    同  上
     下右・果実 2014年3月21日  沖縄県石垣島

  • 撮影記 :
     花の撮影をしていると冬場は関東周辺では出かけるところがない。以前は一年の写真やデータ整理をしていた。最近、段々南方へ出かけることが多くなった。
     12月でも南の島は花が豊富だ。原生林下にはトクサラン、カンアオイ類なども咲いていた。
     樹幹や岩上に着生するものの、比較的低いところに着く場合が多く、この花も地上20cmくらいの所で咲いていた。
     西表島では2mくらいの木に、小さな株も含め20株近く着生しているのを見たことがある。
     屋久島や奄美大島では緑色の花であるが、沖縄島や西表島では淡茶褐色の花ばかりだった。

  • 果実

    同じ科の仲間の花
チケイラン淡茶褐色花

花