ヤクシマチドリ(屋久島千鳥)

Platanthera amabilis


ヤクシマチドリ

  • 科名・属名
  • : ラン科 ツレサギソウ属

  • 特徴

  •  草丈10〜25cmの多年草。
     葉は数個つき、最下部の葉が最も大きく、長楕円状披針形で、長さ2〜5cm、幅1.5〜3cm。表面は光沢があり、縁は波打つ。上部の葉は披針形。
     花は茎の上部にまばらに3〜7個つき、花弁は淡黄緑色で斜卵形、先端は細い。唇弁は線状披針形で長さ7〜10mm。

  • 分布・生育地

  •  九州(大隈半島、屋久島、奄美大島)
     林下

  • 花期
  • : 8月

  • 撮影月日・場所

  •  2007年8月26日 鹿児島県屋久島
     アップ  同 上

  • 撮影記

  •  本州でいえばキソチドリといったこのラン、屋久島の林下に生えるが、キソチドリと違って見かけることは少ない。
     日本の野生ランの大部分を写してきた花仲間も、まだ花の時期には出会っていないとのことで、ありそうな場所では目を凝らしながら歩を進めた。
     このあたりはと狙っていた林下でこの花が目に飛び込んできた。コケの上で黄緑色の地味な花を咲かせている。そのつもりで見ていないと見過ごしてしまうような保護色だ。
     先を急がねばならぬ花見行であったが、すっかり足止めされてしまった。

    同じ科の仲間の花
花アップ