ヤチラン(谷地蘭)

Malaxis paludosa


ヤチラン

  • 科名・属名
  • : ラン科 ヤチラン属

  • 特徴

  •  草丈5〜20cmの多年草。
     葉は長楕円形で根元に2〜3枚つく。
     花は黄緑色で小さく唇弁は上になり、密につくる。花後先端にムカゴができる。

  • 分布・生育地

  •  本州中部〜北海道
     高層湿原のミズゴケの中に稀

  • 花期
  • : 7〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  1994年7月31日 福島県尾瀬
     アップ  同 上

  • 撮影記

  •  尾瀬にこの花があると聞いたが、ニッコウキスゲの時期で人が多くゆっくり撮影できないことから敬遠していた。
     しかし、撮る花が段々絞られてくるとそんなことも言ってはいられない。ある年の夏、夜行列車で出かけた。
     高層湿原のミズゴケの中に稀に生えていると聞いていたが、草丈も低く花も保護色で探しにくく、目を皿のようにしてやっと数本見つけた。
     少し遅めであったが、後日撮影に来ると言っていた花仲間のために木道の数を目印にした。

    同じ科の仲間の花
花アップ