ヒメザゼンソウ(姫座禅草)

Symplocarpus nipponicus


ヒメザゼンソウ

  • 科名・属名
  • : サトイモ科 ザゼンソウ属

  • 特徴

  •  草丈30〜40cmの多年草。
     葉は長卵状心形〜卵状長楕円形で、長さ10〜20cm、幅7〜12cm。長い柄がある。
     花序は葉の展開後に出て、仏炎苞は暗紫褐色でボート形、長さ3〜5cm。
     花は4個の花被片からなり、上部は淡黄色、下部は赤紫褐色。
     果実は翌年熟す。

  • 分布・生育地

  •  北海道〜本州  林縁や道端の湿地

  • 花期
  • : 6月

  • 撮影月日・場所

  •  1994年6月11日 埼玉県入間郡
     アップ  同 上

  • 撮影記

  •  ザゼンソウが春早く咲くのに対し、この花は夏の初めに咲く。
     この時期、葉はすっかり伸びて繁り、そうでなくても根元に咲く小さな花は見つけにくく、葉を掻き分けて探すことになる。
     自生地は限られているため保護地となっていることが多く、その上湿地とあっては撮影も一苦労だ。
     長靴持参で出かけたこの自生地は、雑木林の下に小さな群落を作っていた。まとわりつくやぶ蚊と戦いながら撮影した。

    同じ科の仲間の花
花アップ