ウラシマソウ(浦島草)

Arisaema thunbergii subsp. ueashima


ウラシマソウ1

  • 科名・属名
  • : サトイモ科 テンナンショウ属

  • 特徴

  •  草丈40〜60cmの多年草。
     球茎は扁平で、多数の子球がつく。
     葉は普通1(〜2)個つき、鳥足状に11〜17個の小葉からなる。小葉は狭倒卵形〜長楕円形で、全縁、深緑色。葉柄は太く、長さ40〜60cm。
     花は雌雄異株で、葉柄の基部から花茎を出し、仏炎苞はやや白色を帯びた紫褐色、内側は濃紫色で白条がある。付属体は紫黒色、下部は滑らかで長さ60cm、仏炎苞から長く飛び出す。

  • 分布・生育地

  •  北海道(南部)〜九州
     平地から低山地の木陰、野原

  • 花期
  • : 4〜5月

  • 撮影月日・場所

  •  2008年4月19日 栃木県宇都宮市
     中 1996年5月5日 東京都伊豆七島
     下 1995年4月29日 千葉県四街道市

  • 撮影記

  •  変わった和名は、命名者が浦島さんではなく、仏炎苞から長く飛び出す紐状の付属体を釣り糸に例え、浦島太郎を連想させるとしてつけられている。
     この花の仲間は、マムシグサに代表されるように、その地味な色の奇妙な形の花に加え、やや薄暗い林下に生えることから、好かれる花ではないが、地域ごとに色々な変種があり、ハマルと結構面白い。
     ただ、人によって分類の仕方が異なることや、同じ花でも葉の形や花の色に変化が大きく、同定は非常に難しい。ここでは「日本の野生植物」(平凡社刊)を基本にしつつも細分化された変種も載せているが、正直言って同定はお手上げ状態である。

     2008年、久し振りに雰囲気ある群生に出会った。
     時間も遅かったせいもあるが、せっかくならナンゴクウラシマソウとの違いである肉穂の基部を写すべきだったと、帰りの車の中で後悔した。

    同じ科の仲間の花
ウラシマソウ2

ウラシマソウ3