アマナ(甘菜)

Amana edulis


アマナ1

  • 科名・属名
  • : ユリ科 アマナ属

  • 特徴

  •  草丈15〜20cmの多年草。
     鱗茎は広卵形で、長さ3〜4cm。
     葉は花茎の下部に2個つき、線形で長さ15〜25cm、幅5〜10mm。
     花は花茎の先に1個つき、天気が悪いと開かない。花披片は6個、白色で暗紫色の脈がある。苞は普通2個。
     中には白化品があり
    シロバナアマナ(仮称)(f.未定)という。

  • 分布・生育地

  •  本州(東北地方南部以南)〜九州
     日当たりのいい草地、畦、林縁

  • 花期
  • : 3〜5月

  • 撮影月日・場所

  •  1986年5月18日 新潟県佐渡ヶ島
     下 2007年4月1日 群馬県藤岡市

  • 撮影記

  •  堤防上や田畑の畦などで見かけることが多く、根が食用になり甘いことから和名が付けられている。
     普通、他の草と一緒に生えているが、佐渡ヶ島では写真のように明るい林縁にこの花が植えたように単独で生えていた。
     群落の写真は載せなかったが、アマナが一面に咲いていた。
     群馬県では一面のアマナの群落の中に白花品(シロバナアマナ(仮称))も何株かあった。

    同じ科の仲間の花
アマナ2