カイコバイモ(甲斐小貝母)

Fritillaria kaiensis


カイコバイモ

  • 科名・属名
  • : ユリ科 バイモ属

  • 特徴

  •  草丈10〜20cmの多年草。
     葉は茎の上部に、対生する2個の葉と輪生する3個の葉がある。
     花は茎頂に<1個、杯形の花を下向きに咲かせる。花被片は淡黄色で長さ1.5〜2cm、淡紫色の網目状の薄い斑紋がある。
     柱頭は3裂し、葯は白色。密腺は花被片の基部近くにある。

  • 分布・生育地

  •  本州(山梨県、東京都、静岡県)
     山地の林下

  • 花期
  • : 3〜4月

  • 撮影月日・場所

  •  1994年3月26日 東京都
     アップ  同 上

  • 撮影記

  •  コバイモの仲間は鐘形や細い筒状鐘形の花をつけるものが多く、先が広がった鐘状の花をつけるものは、本種とイズモコバイモしかない。
     本種は、山梨県、東京都、静岡県のごく限られた場所で見られ、いずこも大きく減少している。
     東京都の西部のある公園には、この花がごくわずか見られ、花期には厳しく監視されている。
     小さい花の上、下向きに咲くので、撮影し難いこと甚だしい。この写真は、違う場所で撮影した。

    同じ科の仲間の花
花アップ