クルマユリ(車百合)

Lilium medeoloides


クルマユリ

  • 科名・属名
  • : ユリ科 ユリ属

  • 特徴

  •  草丈30〜100cmの多年草。
     鱗茎は白色で球形、直径2cm程度。
     葉は茎の中部に1〜3段になり、5〜20個が輪生する。葉は披針形で、長さ5〜15cm。
     花は1〜数個が横向き、または斜め下向きに咲く。花被片は赤橙色で、濃紅色の斑点がある。

  • 分布・生育地

  •  北海道、本州(近畿以北)、四国(剣山)
     亜高山帯〜高山帯の草原

  • 花期
  • : 7〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  1983年8月21日 長野県白馬岳

  • 撮影記

  •  夏の高山のお花畑を飾ってくれる印象的なユリである。
     写真でもわかるように、上部の葉は互生するものの、中部の葉は輪生状につき特徴的なのですぐわかる。この葉の付きかたが和名の由来となっている。

    同じ科の仲間の花