オオウバユリ(大姥百合)

Cardiocrinum cordatum var. glehnii


オオウバユリ

  • 科名・属名
  • : ユリ科 ウバユリ属

  • 特徴

  •  草丈80〜150cmの多年草。
     ウバユリによく似ているが、より大型で同様に花期には葉が枯れている。
     葉は茎の中部以下にまとまってつき、広卵形で長さ15〜25cm、基部は心形。
     花は総状花序になり10〜20個つき、緑白色で長さ10〜15cmあり、ウバユリより大きい。

  • 分布・生育地

  •  北海道、本州(中部地方以北)
     落葉樹林下

  • 花期
  • : 7〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  2007年8月5日 長野県北安曇郡
     中・花  同 上
     下・果実 2008年9月6日 長野県白馬山麓

  • 撮影記

  •  ウバユリによく似ているが、全体に壮大で、花数も多い。
     何度も見かけているのにいい花の写真がなく、今年やっと白馬山麓で撮影した。
     黄緑色でパッとしない花だと思っていたが、花の内部を覗き込むと紫色の模様が上品な花だった。
     果実も10個以上つくので見映えがし、ある図鑑ではこの枯れたものが花材に使われるとあった。

    同じ科の仲間の花
花アップ

果実