シュロソウ(棕櫚草)

Veratrum maackii var. japonicum


シュロソウ

  • 科名・属名
  • : ユリ科 シュロソウ属

  • 特徴

  •  草丈50〜100cmの多年草。
     葉は茎の下部に集まり、長楕円形で長さ20〜30cm、幅6〜10cm。
     花は花茎の先に円錐花序になってつき、花被片は暗紫褐色。
     別名オオシュロソウ。

  • 分布・生育地

  •  本州、北海道 山地の林下や湿った草原

  • 花期
  • : 6〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  1998年6月28日 青森県八戸市

  • 撮影記

  •  アオヤギソウに姿、形はそっくりで、花が暗紫褐色であることが異なる。
     山地の湿った草原で見ることが多いものの、この写真は、青森県の海岸草原で撮影した。

    同じ科の仲間の花