チャボホトトギス(矮鶏杜鵑草)

Tricyrtis nana


チャボホトトギス

  • 科名・属名
  • : ユリ科 ホトトギス属

  • 特徴

  •  草丈2〜15cmの多年草。
     茎は低く硬い毛があり、葉は倒披針形で長さ5〜15cm、斑紋がある。
     花は茎頂や上部の葉腋から1〜2花をつけ、花披片は黄色で紫褐色の斑点がある。花茎は花弁より短い。

  • 分布・生育地

  •  本州(東海〜近畿地方)、四国、九州
     山地の林下、林縁

  • 花期
  • : 8〜9月

  • 撮影月日・場所

  •  2003年9月5日 高知県幡多郡

  • 撮影記

  •  キバナノホトトギスに似ているが、本種の花茎は花被片よりずっと短い。
     斑紋の入った特徴ある葉は各地で見たものの、いずれも花期ではない。
     やっと高知県の山中で撮影した。9月初めでも終わりがけで、意外と花期は早い。
     キバナノホトトギスのあるあたりにも、よく似た背丈の低い黄色のホトトギスがあるが、本種ではなくキバナノホトトギスの小さい株と思う。

    同じ科の仲間の花