ヤマガ(カ)シュウ(山何首烏)

Smilax sieboldii


ヤマガ(カ)シュウ

  • 科名・属名
  • : ユリ科 シオデ属

  • 特徴

  •  蔓性の半低木。
     茎は稜が多く、とげがある。葉は卵形で長さ5〜12cm、5脈があり、光沢がある。
     花は雌雄異株、散形花序で多数つく。花被片は6個で黄緑色、長楕円形で平開するが反り返らない。
     別名サイカチバラ。

  • 分布・生育地

  •  本州〜九州 山地

  • 花期
  • : 5〜6月

  • 撮影月日・場所

  •  2005年5月28日 広島県広島市
     アップ 同上

  • 撮影記

  •  シダ類を撮影しようと車を降りた広島県の大田川沿いの道。すぐ目の前にこの花があった。
     崖からぶら下がった蔓には、注意しないと気がつかないような黄緑色の花が固まって咲いていた。もう少し近づけようと蔓を掴むと、鋭い棘に思わず手を放した。
     アップの写真でもわかるように、茎には鋭い棘がいっぱい生えている。
     変わった和名は、何首烏がタデ科のツルドクダミの漢名で、葉の形がそれに似ていることによる。

    同じ科の仲間の花
花アップ