アマクサシダ(天草羊歯)

Pteris dispar


アマクサシダ

  • 科名・属名 : イノモトソウ科 イノモトソウ属

  • 特徴 :
     草丈30〜80cmの常緑性シダ。
     根茎は短く斜上し、線形で褐色の鱗片を密につける。
     葉身は2回羽状深裂し、広披針形〜長楕円形で長さ20〜40cm。頂羽片は羽状全裂し、長さ25cmに達することもある。側羽片は3〜6対、両側とも羽状に深裂〜全裂し、下側が上側よりやや幅広く、最下羽片の後側に羽状全裂の少羽片をつける。胞子嚢がつかない裂片は、先端部や辺縁に鋭く小さな鋸歯がある。葉柄は光沢ある赤褐色で長さ20〜35cm、切り口は三角形。
     胞子嚢群は裂片の葉縁に沿って長く伸びる。

  • 分布・生育地 :
     本州(関東地方以西)〜沖縄 (国外:朝鮮、中国、台湾)
     暖地の山麓〜平地

  • 撮影月日・場所 :
     2007年4月28日  沖縄県西表島
     (上は拡大写真あり、写真をクリック)
     下・胞子嚢    同  上

  • 撮影記 :
     天草(熊本県)の名前がつけられているが熊本県の固有種ではなく、北は関東地方辺りまで分布している。
     名前のよく似たオオアマクサシダというシダがあるが、オオアマクサシダの羽片の上側が全縁で下側だけが羽状深裂〜全裂するのに対し、このシダは羽片の両側とも羽状に深裂〜全裂するという違いがある。
     オオアマクサシダよりはやや北の地域まで分布しているが、基本的には暖地のシダである。
     分布域の最北に当たる関東辺りではそうは見られないが、南西諸島辺りでは林縁の明るい場所から林下まで割合によく見られ、形に特徴があるので覚えやすい。

  • その他のシダ
胞子嚢群