マツザカシダ(松坂羊歯)

Pteris nipponica


マツザカシダ

  • 科名・属名 : イノモトソウ科 イノモトソウ属

  • 特徴 :
     草丈20〜70cmの常緑性シダ。
     根茎は短く匍匐し、葉を叢生する。
     葉はほぼ二形で、栄養葉は1〜3対の側羽片と頂羽片からなり、側羽片は線状長楕円形で長さ10〜20cm、幅1.5〜3.5cm。革質で表面は緑色、中肋に沿って白班が出ることが多く、縁は不規則な鋸歯縁、無毛。葉柄はわら色で長さ10〜30cm、基部に褐色の鱗片をつける。
     胞子葉は栄養葉より大きく、側羽片は線形でやや鎌状に曲がり、長さ20〜30cm、幅約1.5cm。葉柄は長さ14〜50cm。
     胞子嚢群は葉縁の辺縁に沿って長く伸びる。

  • 分布・生育地 :
     本州(千葉県以西)〜沖縄 (国外:朝鮮南部、台湾)
     山麓の斜面、林縁

  • 撮影月日・場所 :
     2008年12月20日  奈良県奈良市
     (上は拡大写真あり、写真をクリック)
     中・葉、下・胞子嚢群    同  上

  • 撮影記 :
     葉の中肋に沿って白班が入ることが多い美しいシダで、常緑性のこともあってよく栽培されているのを見かける。
     本州の花の時期としては遅い12月、カミガモシダなどを観察に奈良に出かけた。
     さすがに寒く三脚を持つ手もかじかむほどで、カメラをセットして撮影しようという気にはなかなかなれなかった。
     咲いている花はなかったが、夏緑性の植物も葉が枯れていて、シダの観察にはちょうどいい按配だった。

  • その他のシダ
葉表

胞子嚢群