ミカワリシダ(三変羊歯)

Tectaria subtriphylla


ミカワリシダ

  • 科名・属名
     ナナバケシダ科 ナナバケシダ属

  • 特徴 :
     草丈50〜100cmの常緑性シダ。
     根茎は横走りし、径7〜8mm。暗褐色で長さ3〜4mmの鱗片を密につける。
     葉は不規則な2回羽状複葉となり、広卵形で長さ25〜50cm、幅20〜45cm。側羽片は1〜3対あり、最下羽片は卵状三角形で第1小羽片が特に大きい。頂羽片は三角状狭卵形で、先はやや尾状、下部は中裂する。葉柄は長さ30〜65cm、短い開出毛がある。
     胞子嚢のつく葉はやや幅が狭く、胞子嚢群は脈が網目に結ばれる所につき、葉裏の全面につく。

  • 分布・生育地 :
     沖縄(八重山列島) (国外:台湾、中国(南部)〜スリランカ、ポリネシア)
     陰湿な林下

  • 撮影月日・場所 :
     2007年4月28日  沖縄県西表島
     (上は拡大写真あり、写真をクリック)
     下・胞子嚢    同  上

  • 撮影記 :
     日本では八重山列島だけに分布しているが、それほど珍しいシダではない。
     さすがに舗装道路から覘けるような場所にはないが、ジャングルに入り込むと山道際でこのシダが群生しているのによく出会う。
     よく似たカレンコウアミシダというシダも分布しているようであるが、西表島でよく見るシダは全てこのシダのようだ。
     見てわかるように結構シダらしくない形をしている上に、大きいものは1m近くなりよく目立つ。
     シダに興味のない頃でもこのシダには惹かれるものがあり、何枚か撮影していた。
     常緑性で年間見られるが、春先は新鮮な葉が見られるものの、その他の時期は虫に食われて穴の開いている葉が多い。
     胞子嚢のつく葉は、写真の後ろ側で立ち上がっているもので、やや立ち上がることが多いため遠くからでもわかる。

  • その他のシダ
胞子嚢