オクヤマシダ(奥山羊歯)

Dryopteris amurensis


オクヤマシダ

  • 科名・属名 : オシダ科 オシダ属

  • 特徴 :
     草丈35〜70cmの夏緑性シダ。
     根茎は直立〜斜上、走出枝を出し、葉を接近してつける。
     葉は五角状広卵形、3回羽状深裂で下部の切れ込みの深いところでは3回羽状複葉、長さ(16-)19〜24(-28)、幅(19-)23〜28(-35)cm。羽片には短い柄があり、最下羽片は非相称の三角状卵形、2番目以上は長楕円状披針形、長さ(11-)13〜16(-19)cm、幅(7.9-)9.6〜12.1(-15)cm。小羽片は長楕円形〜卵状長楕円形、長さ2〜4cm、幅1〜2cm、鋭頭〜鈍頭、短い柄があり、鋭鋸歯縁で先は芒状。質は草質、鮮緑色で中軸、羽軸には淡褐色の狭い鱗片が疎らにつき、小羽軸の裏側には袋状で小さい鱗片がある。葉柄は淡緑色で基部は褐色、長さ(17-)24〜35(-44)cm、広卵形〜卵形で淡褐色の鱗片が、基部では密にそれより上部ではやや疎らにつく。
     胞子嚢群は葉身・羽片の頂点側からつき、裂片の中肋と辺縁の中間で、円形、径0.5〜0.8mmと小型、包膜は円腎形、灰白色で全縁。

  • 分布・生育地 :
     北海道〜本州(長野県以北) (国外:朝鮮、中国(北部)、ロシア(極東)
     亜高山帯の林下

  • 撮影月日・場所 :
     上・全体 2008年8月3日  群馬県至仏山
     (上は拡大写真あり、写真をクリック)
     下・胞子嚢群    同  上

  • 撮影記 :
     本州中部以北の亜高山帯の林下に群生していることの多いシダで、同じような場所に生えるシラネワラビとよく似ている。
     大きな違いは小羽軸の背軸側(裏側)に袋状の鱗片があることで、写真ではわかりにくいかもしれないが淡褐色の袋状の鱗片のあることで(特に胞子嚢群のついていない小羽軸はわかりやすい)本種と判断した。ただ100%の自信はない。
     このシダを撮影した至仏山の林下ではシラネワラビも撮影しており、この次は現地でしっかり同定して判断したい。

  • その他のシダ
胞子嚢群